きのことフォンティーナのボロネーゼ

シメジ、エノキ茸をボロネーゼ(ミートソース)で頂く。 パスタにはちょっと柔らかめに茹でたリガトーニを使い、仕上げに小さく刻んだフォンティーナチーズを乗せる。

rigatoni alla bolognese, funghi e fontina
1人前
リガトーニ100g
適量(茹で用)
しめじ1/4束
えのき茸20~30g
ブイヨン50cc
ミートソース1カップ
フォンティーナ・チーズ10~20g
パセリ適量
オリーブオイル大さじ1杯
1.シメジとエノキ茸を炒める
フライパンにオリーブオイルを入れてから、フライパンを火にかける。 オイルが温かくなったら、シメジとエノキ茸を入れて炒める。
今回はニンニクを使っていないが、ニンニクを入れる場合はフライパンを火にかける前に入れておき、弱火でじっくりと熱してニンニクの風味を引き出す。
2.ブイヨンで煮詰める
フライパンにブイヨンを注ぎ入れる。じゅわああああ、という音が「料理してるだ」という意識を高める気がする。
火を弱くして、ブイヨンの水分が半分ほどになるまで煮詰めてやる。
3.ミートソースを入れる
2. のフライパンにミートソースを注ぎいれ、ひと煮立ちさせる。
4.リガトーニを絡める
茹でたてのリガトーニをフライパンに入れて、ミートソースとよく絡めてやる。
5.仕上げ
皿に盛り付けたら、5mm 角ほどの小さめに刻んだフォンティーナチーズを適当に乗せ、パセリを散らして食卓へ。 ミートソースと少し柔らかくなったフォンティーナが絶妙。
  • ミートソースは市販の物でも良いが、作り置きしておくと便利。(ミートソースの作り方
  • フォンティーナチーズが手に入らなければ、他のチーズで代用可能。
  • 例えばモッツァレラチーズなど。