ボスカイオーラ(boscaiola)とは木こりという意味。
木こり風とは森で取れるキノコ類を使った料理に使われる言葉である。
今回はトマトソース仕立てにしているが、とくにソースはこれといって決まっているわけでもなさそうだ。
まあ、安心のトマトソースで普通に頂きたいですなあ。

spaghetti alla boscaiola 1人前
スパゲッティ 100g
適量(茹で用)
トマトソース 80~100cc
ポルチーニ(乾燥) 適量
シメジ 1/4束
エノキタケ 20g
パルメザンチーズ 適量
白ワイン 20cc
玉ねぎ 1/8~1/4個
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ2杯

1.ポルチーニ茸の準備

乾燥ポルチーニは1時間ほどぬるま湯に浸して戻しておく。
戻し汁は捨ててしまわないで置いておく。このとき必ずペーパーなどでこすこと。

2.ニンニクと玉ねぎをロースト

フライパンにオリーブオイルとみじん切りにした玉ねぎ、ニンニクを入れてから弱火にかけてじっくりと炒める。
炒めるというよりオイルで熱するという感覚で、じっくりじっくりと。
とくにニンニクは焦げやすいので注意しましょう。

3.キノコ類を炒める

玉ねぎ、ニンニクが程よく炒まったら、キノコ類を入れて炒めていく。
戻したポルチーニ茸はそのままでも良いですが、香りを楽しみたい人は小さく刻んでも良いでしょう。

4.白ワインと戻し汁

2~3分炒めたら白ワインを注ぎ香りをつけてアルコール分を飛ばす。
それから1. のポルチーニ茸の戻し汁を100ccほど注ぎ入れて軽く煮詰めます。

5.仕上げにパルメザンチーズ

トマトソースを加えてから、ひと煮立ちさせて茹で上げたスパゲッティをフライパンの中でソースに絡めていきます。
おろしたパルメザンチーズを全体にふりかけて、溶し込んだら完成です。
やっぱりキノコはパスタに合う。

  • 他のキノコ類でも代用可能。でもポルチーニはやっぱり欲しいところ。
  • ショートパスタでも相性は良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。