新鮮な完熟トマトを使ったあっさりソースにほのかに香るオリーブとバジルの風味がこれまたイケる。
煮込むのではなく、軽くサッと炒める完熟トマトの甘酸っぱさがウマイ。

1人前
スパゲッティーニ 100g
適量(茹で用)
トマト 2個
バジル 5~6枚
黒オリーブ 30g
鷹の爪 1本
塩・コショウ 少々
ニンニク 1~2片
オリーブオイル 大さじ2~3杯

1.トマトを湯むきする


トマトのへたを取り、反対側に軽く十文字の切り目を入れ、沸騰したお湯に入れること約10秒。
お湯からトマトを取り出し、氷水につけると切り目から皮がめくれてくるので、丁寧に皮をむいてやる。
湯むきしたトマトは種の部分を取り除き、1~2cmくらいに切る。
完熟トマトの選び方は肉質が堅くしっかりしまったトマトが良い。大きさよりも、むしろ密度(重さ)があるトマトが適してる。

2.ニンニクと黒オリーブ

ニンニクは芯を取り除いき、みじん切りにする。
黒オリーブは水煮の瓶詰めなどを使うが、種ぬきのものを使うと便利。
オリーブは輪切りにする。また、オリーブの風味をより強めたい場合はみじん切りにしても構わない。
フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて、それから弱火にかけてじっくりとニンニクの風味を引き出す。
パチパチと音をたててきたら、黒オリーブを入れてさらにじっくりと炒める。

3.トマトとバジル

種を取り除いて輪切り、または手でちぎった鷹の爪をフライパンに入れてさらに軽く炒める。
辛いのをお好みであれば、ニンニクと一緒に最初から炒めておくと良い。
フライパンに1.のトマトを入れて、さっとオイルとあわせ、細かく刻んだバジルを振り入れる。

4.パスタに絡める

茹でたてのパスタをフライパンに入れて、オイルとパスタを絡めていく。うまく絡みにくい場合は茹で汁を少し注ぐと良い。
ここでちょっと味見をして、黒コショウ・塩で味を整える。
お皿に盛りつけて、出来上がり。
オリーブの独特の風味とトマトの酸味が絶妙。ときより唐辛子の辛味がいい感じ。

  • アル・デンテのちょっと手前で茹で上げて、フライパンの上(皿に盛る直前)でアル・デンテに仕上げるつもりで。
  • アンチョビなどを加えて、プッタネスカ風にしても旨い。
  • このレシピは2001年07月27日に再執筆しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。