辛いトマトソース、アラビアータはやっぱりペンネが旨い。
ペンネ・アラビアータと属に言うが正しくはペンネ・アッラッラッビアータ(penne all’arrabiata)と何とも言いにくいので、アラビアータで良い。
アラビアータ(arrabiata)とは「怒る」っていう意味だが、その辛さに顔を赤くした姿から命名されたものだと予想できる。
ペンネの穴まで辛いソースが詰まってるのが旨い。

penne all’arrabiata 1人前
ペンネ 100g
適量(茹で用)
茄子 1本
ベーコン 2切れ
トマトソース 50cc~100cc
鷹の爪 1本
イタリアンパセリ 適量
ニンニク 2片
オリーブオイル 大さじ2杯

1.ニンニクを炒める

芯を取り除きスライスしたニンニクをオリーブオイルと一緒にフライパンに入れ、それから弱火にかける。
必ずニンニクとオイルを入れてから火にかけること。
オイルを熱くしてからニンニクを入れると、ニンニクがあっという間に焦げてしまい風味が出ない。
(もっと辛い方が好きな人はここで、ニンニクと一緒に鷹の爪の輪切も炒める)

2.ベーコンと茄子を炒める

パチパチとニンニクが音を立ててきたら、フライパンにベーコンを入れてじっくりと炒める。
茄子は厚さ1cmくらいで扇状に切り、フライパンに入れて一緒に炒める。
(面倒でないなら、茄子は別に油で揚げて、トマトソースを入れてから加えても良い)

3.鷹の爪を炒める

鷹の爪は種を取り除き輪切りにするか、または手でちぎる。
ただ鷹の爪を触った手で鼻ほじったり、目をこすらないこと。(発狂するくらいツライです)
輪切にした鷹の爪をフライパンに入れて一緒に炒める。
唐辛子は炒めれば炒めるほど(熱すれば熱するほど)辛くなるので、ここで調整したいところ。
辛いほうが良いなら、少し早い段階で鷹の爪を入れる。またはピリ辛程度で良いなら、あまり炒めないこと。

4.トマトソースを入れる

フライパンにトマトソースを入れて温める。
勿論、この間も唐辛子に火は通るので辛くなる。
ちゃんとオイルとトマトソースが満遍なく混ざるように気をつけること。
でないと、部分的激辛になってしまいます。
ひと煮立ちしたら火を止めて、茹でたてのペンネを投入して素早く絡めて出来あがり。
辛い!旨い!!

  • ペンネは筋の入ったリガーテがお勧め。
  • 唐辛子の炒め加減で辛くなるのは、ペペロンチーノと同じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。