私が豚の生姜焼きを試しに作ってあげると、どうやら美味しかったらしくってそれから我が家では私の担当になっていまった。
私が作る豚の生姜焼きはとてつもなくシンプルで、醤油、酒、生姜だけでタレをつける。
気分によってはみりんや砂糖を使うこともあるが、甘ったるくなるのが嫌いなのであまり使わないです。
そんな、シンプルな生姜焼きにパスタをあわせて見ました。
今回はスパゲッティで作っていますが、ペンネやリガトーニといったショートパスタ系でモグモグ食った方がいいかも知れませんね。

1人前
スパゲッティ 100g
適量(茹で用)
豚肉 50~80g
白ネギ 適量
醤油 大さじ2
大さじ3
生姜 適量
サラダ油 大さじ1杯

1.ボウルでつけだれ

ボウルに醤油、お酒、おろした生姜を入れてタレをつくる。
そこに豚肉を入れて肉になじませる。
私は醤油とお酒の量はだいたい「醤油:酒=2:3」で作ります。
よく見かける生姜焼きのレシピはこれに「みりん」「砂糖」などを加えるものが多いです。
このあたりはお好みでよいと思います。
また、生姜たっぷりが好きなので私はけっこうな量を入れたりします。このあたりもお好みで。
もしあれば梨を摩り下ろしたものを少し加えるとお肉が柔らかくなります。

2.お肉を焼く

フライパンに油を敷いて、フライパンを温めます。
生姜焼きのコツはなんといってもフライパンの熱。強火ですばやく一気に焼き上げます。
肉を強火ですばやく焼くことで、肉の旨みを閉じ込め柔らかい仕上がりになります。
よく使われるテフロン製のフライパンでは強火にはできないので(フッ素加工が強火に弱い)、鉄製のフライパンを使う方が好ましいですね。
フライパンが熱くなったら、豚肉をひろげるようにして置いていきます。
油がはねるので注意しましょう。

白ネギは斜めにカットしたものを、ここで一緒に入れておきます。

3.タレを入れる

フライパンのお肉はすばやく裏返して、サッサッサと焼いていきます。
すぐに火が通るので、おおよそ火が通ったらボウルに残っているタレをフライパンに注ぎいれます。

4.パスタとあわせる

茹でたてのスパゲッティをフライパンに入れて、全体になじませていきます。
お皿に盛りつけたら、青ネギなどを乗せてできあがり。
青ネギの代わりに、かいわれ大根や大葉などでも面白いですよ。

パスタ食べてるんだけど、白いゴハンが欲しくなる。

  • パスタを茹でるときの塩はいつもより控えめに。
  • パスタにあわせるので、お肉のサイズは少し小さめに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。