「カッチョ」とはチーズ、「ペペ」とは粗みじんにした黒コショウのこと。
イタリア中部ラツィオ州の伝統料理。

cacio e pepe 1人前
スパゲッティ 100g
適量(茹で用)
バター 20~30g
黒コショウ(ホール) 小さじ1杯
パルミジャーノ・レッジャーノチーズ 大さじ2杯
ゆで汁 大さじ2~3杯

1.黒コショウを粗みじんにする

黒コショウは粒のままを包丁などで粗みじんにする。
もしくは、ラップなどで包み、すり棒などで叩いて砕くと良い。

2.バターを溶かす

弱火のフライパンにバターを入れて溶かす。
バターが程よく溶けたら、1.の粗みじんにした黒コショウを入れて、バターにコショウの風味をつける。

3.ゆで汁とスパゲッティ

2.のフライパンにゆで汁を入れて水分を補う。
すかさず茹でたてのスパゲッティを入れてバターをよく絡める。

4.おろしたてのチーズ

火を止め、おろしたてのパルミジャーノ・レッジャーノチーズを入れ、余熱で溶かして出来上がり。
チーズに黒コショウの風味が旨い。

  • ゆで汁で水分を補うこと。水分が少ないとチーズがうまく溶けない。
  • 黒胡椒の量は好みによって調整して下さい。
  • 本来ペコリーノチーズを使う。ペコリーノチーズを使うときは塩気に注意。
  • このレシピは2008年01月19日に再執筆しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。