しめじとトマトをオイルでサッと炒めた一品。
玉ねぎで甘みをつけた。

1人前
スパゲッティ 100g
適量(茹で用)
玉ねぎ 1/2玉
しめじ 50~60g
トマト 1個
鷹の爪 1本
黒コショウ 少々
イタリアンパセリ 適量
ニンニク 1~2片
オリーブオイル 大さじ2杯

1.ニンニクと玉ねぎを炒める

ニンニクは芯を取り除きスライスする。玉ねぎは細く千切りにしておく。
フライパンにオイルをひき、ニンニクを入れて弱火にかける。ニンニクがパチパチと音をたててくれば、玉ねぎと鷹の爪を丸ごと加えて炒める。
玉ねぎが黄色くなり甘い香りがするまで、ニンニクを焦がさないように炒めるのがポイント。
この玉ねぎの甘みがウマイので、がんばること。ケッコウ時間がかかります。
鷹の爪を丸ごと入れるのは辛味ではなく香りをつけるため。

2.しめじを炒める

玉ねぎが程よく炒めることが出来たら、フライパンから鷹の爪を取り除き、しめじを加えて炒める。
市販のしめじは水で洗う必要はない。生のキノコ類を水に浸すなんて御法度。

3.トマトはサッと一瞬

トマトは大きさよりもずっしりと重く中身の詰まっているモノが良い。
皮を湯むきしても良いが、面倒なのでどっちでも良い。
トマトを手ごろな大きさに切るのだが、種の詰まった部分(やわらかい部分)は取り除いておくこと。
取り除いた部分はもったいないのでサラダなどに使うと良い。
しめじに火が通ったら、トマトをフライパンに入れて数10秒ほどサッと炒める。

4.スパゲッティを入れる

茹でたてのスパゲッティをフライパンに入れて具とオイルを和える。
茹で汁を少し注ぎつつ、ソースが麺全体に馴染むようにするとツルッとして美味しい。
味を確認しつつ、少々の黒コショウをふる。
お皿に盛りつけたら、イタリアンパセリを添えて食卓へ。
色鮮やかなだけでない。あっさりしててウマイ。

  • 玉ねぎをしっかりと根気良く炒めることで甘みがつく。
  • 茹で汁の使い方はオイルの基本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。