タコ、茄子、ほうれん草、トマトをオイルで炒めたあっさりスパゲッティ。
味付けは黒コショウだけ。しかし、旨い!なんでこんなに旨いのか!

1人前
スパゲッティ 100g
適量(茹で用)
湯タコ(足) 1本
ほうれん草 1束
茄子 1/2本
トマト 1個
白ワイン 少々
黒コショウ 少々
バルサミコ酢 小さじ1杯
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ2杯

1.ニンニクをロースト

ニンニクをみじん切りにして、オリーブオイルと一緒にフライパンに入れる。
それから、弱火にかける。しばらくすると、ニンニクがパチパチと音を立ててくる

2.タコと野菜

タコは食べやすい大きさに。茄子は厚めの扇形に切る。
火を強火にして、タコ、茄子、ほうれん草を炒める。

3.白ワインと茹で汁

フライパンに白ワインを少々注ぎ、オイルをとろっと乳化させる。
トマトは種の柔らかいところを取り除き、フライパンに入れてサッと炒める。

4.バルサミコ酢をちょび~~~っと

パスタの茹で汁を注ぎつつ、ソースを引き伸ばしながら茹でたてのスパゲッティを入れて素早く絡めてやろう。
黒コショウを少々ふりかけて、バルサミコ酢を小さじ1杯くらいかけて、これまた素早く絡める。
後はお皿に盛って出来あがり。
あの食い応え抜群の茄子がこれまた旨い。

  • 強火でサッと炒めるのがポイント。ニンニクを焦がさないように。
  • 簡単そうで、実はムズカシイ。
  • スパゲッティより細いスパゲッティーニなどを使うと更に旨いはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。