魚の干物やシイタケなどの乾燥キノコ類、ドライフルーツなど乾燥された食材はイヤってほど世の中に溢れ返ってるような気がする。
こういった食材を乾燥させるという行為は、食材の保存性を高めるために人間があみ出した必殺ワザである。
また、食材によっては乾燥させることで食材の旨みが凝縮されて香りが良くなり、コクのある味わいにもなる。
乾燥トマトはイタリアに古くからあり、今のように製品化される以前は家庭で気軽に作れる保存食であった。
そんなイタリアらしい食材を、黒オリーブとバジルとで頂いてみる。

1人前
スパゲッティ 100g
適量(茹で用)
乾燥トマト 2~3個
黒オリーブ 4~5個
バジル 5~6枚
バジル(飾り用) 適量
黒コショウ 少々
ニンニク 1~2片
オリーブオイル 大さじ2杯

1.乾燥トマトを熱湯で

乾燥トマトを熱湯に数分つけて戻し、それから小さく切っておく。

2.ニンニクを炒める

ニンニクは芯を取り除き、みじん切りにしたものをオリーブオイルと一緒にフライパンに入れ、それから弱火にかけてじっくりと熱する。

3.トマトとオリーブ

黒オリーブは種抜きのモノを使うと便利だが、種ありのものであればちゃんと種は取り除くこと。
それから黒オリーブをみじん切りにする。
2.のフライパンに1.の乾燥トマトと黒オリーブのみじん切りを入れてサッと炒める。

4.バジルのみじん切り

バジルの葉っぱ数枚をみじん切りにして、3.のフライパンに入れて全体に馴染むようにする。

5.スパゲッティを入れる

バジルの葉っぱを入れたら、すぐに茹でたてのスパゲッティをフライパンに入れる。
それから茹で汁を少し注ぎ、オイルがパスタ全体に絡むようにする。
好みで黒コショウを少々振る。(なくても良いと思うんだけどね)
お皿に盛りつけたら、飾り用のバジルを乗せて出来上がり。(これも、なくても良いんだけど)
ちょっと難しいが旨い。

  • バジルのかわりに、他のハーブ類でも良い。
  • 乾燥トマトはけっこう塩気が強いので塩はとくに必要ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。