大豆とオリーブのファルファッレ

豆は「畑のお肉」と言われ、栄養も豊富で体に良い。
そんな大豆とブラックオリーブの独特の風味をファルファッレというショートパスタで頂いてみる。
1人前
ファルファッレ100g
適量(茹で用)
大豆(水煮)100g
ブラックオリーブ10~15個
ベーコン1~2枚
少々
黒コショウ少々
パセリ適量
トマトソース80cc
ニンニク1片
オリーブオイル大さじ2杯
1.ニンニクのロースト
ニンニクはみじん切りにする。
フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れ、それから弱火にかけてじっくりとニンニクの香りをオイルにつける。
2.ベーコンを炒める
ベーコンは少し小さめ(1cmm 四方)になるように切る。
ニンニクがパチパチと音を立て始め、オイルにニンニクの風味がついたら火を少し強めベーコンを入れて炒める。
火を強くしすぎてニンニクを焦がさないように注意。
3.大豆、ブラックオリーブ、トマトソース
ブラックオリーブは種抜きの輪切りにする。あらかじめ種抜きの瓶詰めを使うと良いが、種がある場合は輪切りするのが難しいので(種を取るのが大変)、実が崩れても問題はない。
ベーコンを程よく炒めることが出来たら、大豆の水煮とブラックオリーブを入れて、トマトソースを注ぐ。
蓋を閉めたら、弱火~中火でコツコツと10~15分煮込む。
4.パスタを絡める
塩、黒コショウで味を整えて、茹でたてのファルファッレをフライパンに入れて、ソースと良くからめる。
お皿に盛付けたら、みじん切りにしたパセリをまぶして出来あがり。
オリーブの風味がたまらない。くぅ~、んまいぞおお。
  • ペンネやコンキリエなどのショートパスタでも良いです。
  • 大豆の水煮は缶詰や真空パックなどでよく売られています。