ジェノベーゼ

イタリア・リグリア州ジェノバはバジルの名産地。
そんなバジルのパスタといえば、やっぱりジェノベーゼは外せない。 バジルと松の実、ニンニクなどをすり潰したペーストは、ペスト・アッラ・ジェノベーゼ(pesto alla genovese)といわれ、パスタだけでなく各種料理にアクセントとして使うことが出来る。
フードプロセッサなどを使うと楽なのだが、ウチにはないのですり鉢で地道に作ることにした。
spaghetti alla genovese 1人前
スパゲッティ100g
適量(茹で用)
バジル10~15gくらい
松の実大さじ1杯
ニンニク1片
パルメゼンチーズ大さじ1杯
オリーブオイル25cc
バジル(飾り用)1~2枚
1.ジェノバペーストを作る
バジルは水で洗った後、布巾でよく水気を取ってから葉っぱをちぎる。
みじん切りにしたニンニクと松の実をすり鉢で擂りながら、オリーブオイルをいれていく。
松の実が程よく擂れたら、バジルの葉っぱをみじん切りにして、すり鉢に入れて更に擂る。
2.やっぱり、ジェノバペーストを作る
すりすり・・・・すりすり・・・・って頑張ってると、とろ~~ってとろみがついてくる♪
おろしたてのパルメザンチーズを混ぜてあげて、ペーストは完成~♪
3.茹でたてのスパゲッティに
アルデンテに茹でたスパゲッティの湯を切り、ボウルに入れて 2.のジェノバペーストと和える。
混~ぜ混ぜ、混~ぜ混ぜ。
ペーストとよく絡まったら、お皿に盛って飾り用のバジルの葉っぱを乗せて出来上がり♪ めちゃくちゃ簡単でイタリア気分。
  • 松の実の代わりにクルミを使ってやっても良い。
  • すり鉢で擂るよりミキサーやフードプロセッサを使ったほうが滑らかに仕上がる。
  • ペーストを保存する場合は、チーズは加えないこと。
  • レモン汁を少し加えても良し。
  • もっと新鮮で美味しいバジルを大量に手に入れるには、やっぱりバジルの栽培です。
    バジルの栽培日記はこちらから...
  • このレシピではスパゲッティを使っていますが、ジェノベーゼと言えばやっぱりリングイネですかね。