獅子唐のアンチョビ和風

トウガラシ類のうち辛味のない甘味種に分類される獅子唐は、広くピーマンと呼ばれるものに含まれる。 甘味種といいながらも何故かたまに「当たり」がある。もうそれは火を噴きそうなくらいな辛さで、ある意味運試しだって出来てしまう。 さあ、祈りましょう。「どうか当たりじゃありませんように」

1人前
スパゲッティ100g
適量(茹で用)
シシトウ適量
豚肉50g
アンチョビ(フィレ)1枚
醤油大さじ1杯
大さじ2杯
カツオ節適量
ニンニク1~2片
オリーブオイル大さじ2杯
1.ニンニクをロースト
刻んだニンニクをオリーブオイルと一緒にフライパンに入れ、それから弱火にかけてニンニクを熱する。
2.豚肉炒め
ニンニクがパチパチと音を立て始めたら、火を強くして豚肉を炒める。 ニンニクを焦がさないように注意したいところ。
3.シシトウ炒め
豚肉を7~8割ほど炒めたら、シシトウを入れて手際よく炒める。 あらかじめ細かく微塵切りにしていたアンチョビを入れて、オイルに溶かし込むようにして全体になじませる。
4.仕上げは素早く
フライパンに酒を注ぎいれ、フライパンを素早く返す。 それから醤油を投入する。
茹で上げたパスタをフライパンに入れたら、手際よく麺に絡めること。 必要であれば茹で汁を使ってオイルを引き伸ばしてやるとパスタとオイルが絡みやすくなる。 お皿に盛り付けたら、お好みでカツオ節をどうぞ。
  • 獅子唐はあまり火を通しすぎずにサッサッサッと手際よく炒める。
  • 茹で汁をうまく活用したいところ。