今日のパスタ

近所のママさんたちとパスタパーティ

今日は、町内のママさまたちがウチにやってきて、パスタを振舞うことになりました。
ミネストローネとピッツァ、それからパスタ6種類!
しんどかったけど、こんなにたくさん作れることはあまりないので楽しかったです。
…それにしても、よく喋るなあ(^^;
穴子と三つ葉
一品目は穴子と三つ葉。
焼き穴子を小さく刻んで、三つ葉と一緒に和えるだけの簡単パスタ。
アボカドのパスタ
二品目はアボカドのパスタ。
アボカドとトマトをあわせた夏にぴったりのサッパリしたパスタです。
アボカドのパスタのレシピ
ペスカトーレ
嫁がアサリが食べたいというので、ちょっと豪華にペスカトーレ!
アサリのほかにエビとイカをあわせています。小細工のない、魚介の味。
ペスカトーレのレシピ
カルボナーラ
大人気のカルボナーラ。
子供らに大人気であっという間になくなってしまったので、実はこの日はカルボナーラを2回も作りました。やっぱりカルボナーラは世代を超越した人気メニューなのでしょうか!?
カルボナーラのレシピ
カルボナーラ・ローマ風のレシピ
きのこクリームのペンネ
5品目はキノコたっぷりのクリームソースをペンネで。きのこにはシメジ、マイタケ、シイタケ、エリンギ、マッシュルーム、そんでもってポルチーニ。6種類ものきのこが入っています。
ポルチーニ入りのキノコクリームのレシピ
鮭とイクラの親子パスタ
最後は鮭とイクラを使ったパスタ。ソテーした鮭と水菜をスパゲッティで和えて、イクラを散らしたもの。”親子”だけに、鮭とイクラの相性はやはりいい。
と、以上の6種類。
みなさん初めていらした方ばかりだったので、あまり冒険せずに以前作ったことのあるメニューばかりを作ってみました。実はあと2種類くらいは用意していたんですが、それはまた今度ということで。

8種類のパスタパーティー

今日は会社のメンバーが我が家にやってきてパスタパーティーを行いました。昨日の夜からソースやらスープを作って準備万端です!今回はピッツァも作ってイタリアン満載です。ピッツァは何度か作っていますが、今回はふんわりと美味しい生地が作れました!チーズをちょっとケチったので、味気なかったですが(^^;
さてさて、メインのパスタは終わってみると8種類も作っていました。1日の最高記録かも知れないです。
ジェノベーゼ
1品目はジェノベーゼ。
こういうパスタパーティーのとき、1品目はやっぱり手早く作れるメニューを選ぶようにしています。バジルのペーストは昨日のうちに作っていたので、茹でたスパゲッティに和えるだけ。
エビとアサリ
2品目はアサリとエビ。
安心のトマトソースで!アサリの出汁がトマトソースと混ざり合って美味しく出来たと思います。
カルボナーラ
3品目はカルボナーラ。
もう説明はいらない、大人気の一品。
お豆さんのアラビアータ
4品目はペンネ・アラビアータ。
ちょっとピリ辛のトマトソース、アラビアータはやっぱりペンネが美味しいです。具材にはお豆さんを数種類、使っています。こういった豆類はスパゲッティのような「麺」よりも、ショートパスタの方が合わせやすいですよ。
リングア・デ・スオチェーラのかぼちゃクリーム
5品目はかぼちゃクリーム。
パスタはイタリア・プーリア州のマレーラというブランドで、「リングア・ディ・スオチェーラ(lingua di suocera)」という幅広のカラーパスタ。直訳すると「義母の舌」という意味。なぜ「義母の舌」というのか色々調べてみたところ、イタリア語で「義母(姑)の舌」は「長いもの」の喩えであるらしいのだ。ピエモンテ州には同じ名前のグリッシーニのようなパンがあったりもするらしい。
また観葉植物としてよく見かける「サンセベリア」は別名「Mother-in-law tongue(義母の舌)」というらしいのだ。
左がゆでる前のパスタ、右がサンセベリア。たしかに茹でる前のパスタのひねり具合はこのサンセベリアの葉に良く似ている。
リングア・デ・スオチェーラ写真素材 PIXTA
(サンセベリア写真:(c) GEORじ写真素材 PIXTA

■パスタ・ファンタジア(アントニオ・マレーラの紹介・販売サイト)
http://pasta-fantasia.com/
ツクシとワラビ
6品目は春らしくツクシとワラビのスパゲッティ。
なかなか都会人はツクシを食べる機会はありませんが、我が家では春先になると嫁が実家近所から収穫してきます。ほろ苦い味があるを感じさせますね。少し収穫してからずいぶん経つので本来の風味は少し落ちていましたが、春らしい一品になったと思います。
ミートソース
7品目はミートソースです。
昨日の夜にソースを煮込みました。もう言うことなしの味ですね。
豆苗とシメジ
そして最後、8品目は豆苗(とうみょう)を使ったスパゲッティです。豆苗はエンドウ豆の新芽のことで、中華料理でよく利用されるようですね。最近は豆から発芽させたスプラウトをスーパーでよく見かけるようになりました。カロテンが非常に豊富。炒め物にもいいですが、サラダでもいただけます。
今回はゴマ油で風味付けをしてみました。
と、以上8品!
立ちっぱなしで疲れましたが、こんなにパスタ作れるなんて楽しかったです!

ペスカトーレ 他

今日は嫁さんの友達がお子さんを連れてウチに遊びに来ました。
…私のパスタを食べに。
というわけで、久しぶりにパスタパーティーです!!
ペスカトーレ
一品目はペスカトーレ。
昨日、買い物先で生のスルメイカを見てふと思いつきました。
もうすぐクリスマスですし、豪華に行こうじゃないか!!
ってなわけで、アサリとイカ、それにエビを合わせています。
思いのほか具沢山になってしまい、お皿に山盛り気味ですが、自宅で作るからこその贅沢ですね。
ペスカトーレのレシピ
ラザニア
そうこうしているうちにラザニアが焼けました。
嫁が大きな耐熱皿を買ってきたっていうので、ボリュームたっぷりの大皿。思った以上にボリューム満点で、これで一気にみんなの腹は膨れ上がったみたい。
ラザニアのレシピ
カルボナーラ
3品目はカルボナーラです。
金曜日の仕事帰りに買ってきた生ベーコンでの一品。
やっぱり生ベーコン美味しい!!
嫁さんの友達親子は以前にもウチに来たことがあるのですが、お子さんはそのときの私が作ったカルボナーラで「カルボナーラが食べれるようになった」らしいです。
ちょっぴり嬉しいですね。
カルボナーラのレシピ
カルボナーラ・ローマ風のレシピ
菊菜と舞茸のスパゲッティ
最後は菊菜(※)と舞茸のスパゲッティ。
このレシピは「パスタ料理が好きだから」のクックパスタさんのレシピを参考にしています。クックパスタさんのサイトは長らく休止中。お忙しいようですが、元気にされているのでしょうか。
最後にケーキを食べて、おしまい。
さてさて、今日は人数が少なかったのでやや不完全燃焼気味です。もっともっと作れそうな気がしたのですが、また次回ということで。
※ 関西では春菊のことを「菊菜(きくな)」といいます。

ベーコンとシメジの白ワイン風味 他

今日は私の会社の同僚たちが家にやってきました。
昨日の夜からせっせと作ったミネストローネでお出迎え。
そしてパスタパーティーの幕開け。
ベーコンとシメジの白ワイン風味
まずはベーコンとシメジの白ワイン風味
一品目から待っていただくのも気が引けるので、手早く作れるコイツに決定。厚切りベーコンとシメジを使ったシンプルなオイルベースのスパゲッティです。庭に植えているローズマリーで少し香りをつけています。
ベーコンとしめじの白ワイン風味のレシピ
リングイネのペスカトーレ
二品目はタコ、アサリ、エビを使ったリングイネのペスカトーレ。パスタにはリングイネを使いました。ペスカトーレ、意外に簡単で美味しくできちゃうんですよね。久しぶりに作ったので、これをベースにレシピを書き直そうと思っています。→ 書き直しました。
ペスカトーレのレシピ
五種のキノコのフェットチーネ
3品目は五種のキノコのフェットチーネ
私の同期のT君リクエストのフェットチーネ。昨日の夜中にせっせと作った手打ちのフェットチーネです。手打ち、がんばったのでなんとなく筋肉痛っぽいんですけど。
キノコには「シメジ」「マイタケ」「エノキ」「マッシュルーム」そして、「ポルチーニ」の5種類。作りなれたキノコクリームは安心の味。手打ちパスタも久しぶりに会心の出来でした!
ポルチーニ入りのキノコクリームのレシピ
カルボナーラ
カルボナーラです。
木曜日、このために会社の帰りにパンチェッタを買って来ていました。パンチェッタ、少し歯ごたえがあるので「固いベーコン!」と嫁には不評です。私は好きなんですけどね。
カルボナーラはこういったパスタパーティーがあると必ず振舞っている一品。チーズたっぷりで濃厚な私好みのカルボナーラ、堪能していただきました。
カルボナーラのレシピ
カルボナーラ・ローマ風のレシピ
ズッキーニと茄子のミートソース
最後はズッキーニと茄子のミートソース
ほんとは昨日のうちに作っておきたかったミートソース。ミネストローネとトマトソース、手打ちパスタで精根尽き、今朝の来客前にドタバタと作りました。せっかく作ったのにミートソースを忘れてしまうところでしたが、最後に私の大好きなコンキリエで召し上がっていただくことにしました。具は素揚げしたズッキーニと茄子。ちょっと大盛り気味ですが、モグモグと美味しく頂いてくださいました。
最後はデザートも合わせて、作りっぱなしの楽しいパスタパーティーでした。こんなにいっぱいパスタ作ったのは本当に久しぶり!!やっぱり「ビバ!パスタ!」 パスタあるところに笑顔あり、ですね。