今日のパスタ

野菜とミートソースでカヴァタッピ

野菜とミートソースでカヴァタッピ
茄子、カボチャ、キュウリをミートソースと合わせてみました。パスタにはディ・チェコのカヴァタッピ(cavatappi)を使っています。カヴァタッピはイタリア語でコルク栓抜きのこと。栓抜きのようにグルグルと螺旋状になっています。
大きめに切りそろえ、モグモグ食べたいってときにはスパゲッティよりもこういうショートパスタの方が相性が良いですね。

カボチャとキュウリのカヴァタッピ

カボチャとキュウリのカヴァタッピ
カボチャとキュウリをトマトソースでことこと煮込んで螺旋状のパスタに合わせてみました。カボチャといってもヒョウタン型のカボチャでたぶんバターナッツ・スクワッシュと呼ばれるものではないかと。母が知人からもらったものらしくって、品種とかも分からないんだとか。日本で出回っているカボチャとは違って、少し歯ごたえがあってズッキーニのような食感。
パスタには先週、買ってきたディ・チェコ(De Cecco)のカヴァタッピ(cavatappi)を使っています。
カヴァタッピ(cavatappi)とはイタリア語で”コルク栓抜き”という意味です。筒状のマカロニがまさにワインの栓抜きのように螺旋状になっています。
今回はトマトソースで頂きましたが、オイルベースのソースでも十分に頂けそうです。またスープやサラダにも使えそうですね。スタンダードなスパゲッティも美味しいですが、こういったショートパスタもたまには楽しいですね。