挽肉のヴィーノ・ロッソ

ヴィーノ(vino)とは「ワイン」、ロッソ(rosso)とは「赤」のこと。 その名のとおり、挽肉を赤ワイン風味のソースで頂きます。 トマトの酸味や彩りが食欲をそそり、これまたウマイ。
1人前
スパゲッティ100g
適量(茹で用)
トマト(小)1~2個
バジル5~6枚
バジル(飾り用)適量
挽肉80g
赤ワイン50cc
ブイヨン80~100cc
ニンニク1片
黒コショウ少々
オリーブオイル適量
1.挽肉炒め
フライパンにオリーブオイルとスライスしたニンニクを入れてから、弱火にかけてローストする。
ニンニクの芯は苦みがあり焦げやすいので出来れば取った方が良いが、芯がまだ白色で若いニンニクであればそのままでも良い。
しばらくすると、オイルにニンニクの香りが付いてパチパチと音を立ててくるので、ちょっと火を強めて挽肉を入れて炒める。
2.赤ワインを注ぐ
1.の挽肉が適度に火が通ったら、赤ワインをゆっくりとフライパンの周りから注いでいく。
フライパンの中でひと煮立ちさせ、アルコールを飛ばす。
3.ブイヨンを入れて煮詰める
2.のフライパンにブイヨンを注ぎ入れる。
汁気が半分以上なくなるくらい、約15分ほど煮詰める。 少し味見をして、必要であれば黒コショウを振り入れる。
4.トマトとバジル
トマトの皮は湯むきしても良いが、面倒ならどちらでもかまわない。 ただし、トマトの種の部分は取り除き、果肉だけを使う。でないと水っぽくなって、味がぼけてしまう。
フライパンに1~2cmくらいの大きさに切ったトマトと、小さくちぎったバジルの葉っぱを入れて、軽く和える。
5.スパゲッティと絡める
茹でたてのスパゲッティをフライパンに入れて、素早くソースとパスタを絡める。
お皿に盛りつけて、飾り用のバジルを乗せて出来上がり。 挽肉に赤ワインってウマイ。もう、たまらん。
  • スパゲッティは細めの方が美味しいかも。
  • 飾り用のバジルも食っちゃえ。
  • このレシピは2001年07月17日に再執筆しました。