フンギ・ビアンコ

イタリア語でフンギ(funghi)とはキノコ、ビアンコ(bianco)とは白という意味。 キノコ類独特の旨みを白ワイン風味で頂く一品。 あっさりとしているだけに、キノコの本来の風味と香りを楽しめる一品だ。
spaghetti con funghi 1人前
スパゲッティ100g
適量(茹で用)
シメジ1/4束
エリンギ1/2本
干しシイタケ(中)2~3個
エノキタケ20g
白ワイン30cc
パセリ適量
少々
コショウ少々
ニンニク1片
オリーブオイル大さじ2杯
1.キノコを切る
干しシイタケは軟らかくなるまで水またはぬるま湯にしばらくつけておく。 干しシイタケの戻し汁は捨てずにペーパーなどでこして置いておくこと。
戻したシイタケは千切り、シメジやエノキタケは根元を切り、各々にばらす。エリンギは横半分に切ってスライスにする。
2.キノコ炒め
フライパンにみじん切りにしたニンニク、オリーブオイルを入れてから弱火にかけてじっくりとニンニクの香りを引き出す。 パチパチと音を立て始めたら、1.のキノコを入れてから火を少し強めてサッと炒める。
3.白ワインと戻し汁
ほどよく火が通ったら、フライパンに白ワインを入れてアルコールを飛ばす。 それから干しシイタケの戻し汁を 50cc ほど加えて、ひと煮立ちさせる。
4.スパゲッティを入れる
アルデンテ手前に茹で上げたスパゲッティをフライパンに入れて、全体に絡ませながらアルデンテに仕上げる。 味見しつつ、必要であれば塩、コショウで味を整えて、みじん切りにしたパセリを混ぜ合わせて出来あがり。 干しシイタケの出汁と各種キノコの風味が詰まった秋の味。
  • 他のキノコ類を利用しても良い。
  • 醤油を加えて和風にしてもウマイ。
  • このレシピは2001年11月04日に再執筆しました。