菜の花の山かけペペロンチーノ

春のおとずれを感じると、春らしい美味しい食材が店頭にちらほらと並びだす。 菜の花も春を感じさせる数ある食材の一つだし、しかもパスタ料理にも簡単に合わせやすいものだ。 今回はその菜の花を使って和風のペペロンチーノを作ってみた。 それに山芋をおろして、とろろをかけてやるだけで、これまた新しい美味しいさの発見。

1人前
スパゲッティ100g
適量(茹で用)
菜の花50g ほど
醤油大さじ1
大さじ1
みりん大さじ1
ニンニク1~2片
鷹の爪1本
オリーブオイル大さじ1~2杯
長いも適量
出し汁適量
1.とろろを作っておく
長いもを摩り下ろしたものに、ほんの少し出し汁を加えてとろろを作る。 出し汁を加えすぎて、汁っぽくしてしまわないようにすること。 長いもはあらかじめ皮をむいて、カチカチに冷凍させておくと滑らかに摩り下ろすことができる。 凍らすことで、いもの肉片が欠けることなく細かく摩れるため。
冷凍する余裕がない場合は、すり鉢などでシッカリと滑らかに仕上げてやること。
2.ニンニクと鷹の爪を熱する
ニンニクはみじん切り、鷹の爪は種を取り除いて輪切りにする。 それをフライパンにオリーブオイルと一緒に入れ、それから超弱火にかけてじっくりと時間をかけて熱する。
フライパンを傾けるなどして、ニンニクを熱すると良い。 基本はじんわりと時間をかけてニンニクの香りを引き出すことと、けっしてニンニクを焦がしてはいけないということ。 ニンニクを焦がすと苦みが増して美味しくない。
3.菜の花を炒める
火を中火ほどにして 2.のフライパンに程よい大きさに切った菜の花を入れて炒める。 ニンニクは焦がさないように注意すること。 醤油、酒、みりんを合わせたものをフライパンに注ぎ入れて、1~2分煮つめる。
4.パスタ投入から盛り付け
フライパンに茹でたてのスパゲッティを投入して、手早く絡める。
お皿に盛り付けたら、1.のとろろをかけて出来上がり。 とろろのネバネバ、ツルツル感が旨い。
  • 菜の花が手に入らなければ、ブロッコリーなどでも良い。
  • 菜の花は炒めるのではなく、パスタと一緒に茹でても良い。